ハワイの自然、文化、歴史がテーマのアロハWEBカワラ版
目次
【バックナンバー】
特集:知る・歩く・感じる
キルト・パラダイス
ハワイ日和
ザ・ロコモコ
ミノリのカウアイ日記
アロハ・ブックシェルフ
ハワイ・ネットワーク
新定番!ハワイのおみやげ
スタッフルーム
アロハ・ピープル
フラ・ミュージアム通信
【ホクレア号】
ホクレア号横浜到着
ホクレア号での航海生活
ハワイの食卓
スタッフのいちおしハワイ
ハレピカケ倶楽部
アロハ・コラム
パワー・オブ・ハワイ
私のフラ体験
ハワイ日系移民の歴史
アストン・ストーリー
>アイランド・クローズアップ
ハワイ島編
マウイ島編
ホロホロ.ワールド
カワラ版 トップページ
バックナンバー
クリック!
クリック!
RSS1.0

ローカル・ラジオ (2)

ミノリ・K・エバンズ

おもに機械の操作はBillの担当

 ローカル・ラジオ局レポートの第2弾。椰子の木に囲まれた小さなラジオ局で、ローカル達のボランティアによって放送されているのがKKCR(Kauai Community Raio)。シンプルな収録室に入っていよいよ本番となった。私も“ゲスト出演”なぞをさせてもらって、私のリクエスト曲をかけてもらったり、NaomiさんやBillの質問に答えたりして、収録を楽しませてもらった。


放送中のBillとNaomiさん。

 それにしても、日本でヒットしている曲をタイムリーにハワイでリスナーにお届けするのはなかなか大変だ。常に最新の情報がコンスタントに入っていないといけないし、ブツ(つまりCD)もいる。そんなことを思いつつ、本番でかかっている曲を聴いていると、私の知らない新しいものもあれば、随分懐かしいものもあった。どうやら、最近の日本のヒット曲を流すにあたっては、日本に協力チームがいるらしい。それはBillの生徒たちで、以前、彼が日本で英語教師をしていた時代の生徒たちが、情報やらCDやらを二人の手元に送ってくれているという。とはいえ、KKCRでのDJは二人にとっては自分たちも楽しみながらやっているボランティア作業。実はこのお二人、なかなか忙しい日常を送っている人で、日本の最新音楽情報を集めるのはなかなか大変なようだ。たまたま、私のところに遊びに来ていたトモダチが、この日の放送をドライブ中に聴いてくれていたのだけれど、「ちょっと前に流行った曲が中心だった」そうだ。う〜ん、ラジオにも時差があるのだ。


この小型カメラで、放送風景がインターネットで楽しめる

 山崎まさひろ、元ちとせ、ビギン、MISIA、サザンオールスターズ、Mr.チルドレン……などなどが流されていたけれど、DJのNaomiさんとBillの好みも色濃く影響しているようだ。ちなみにMISIAをかけると、地元リスナーから、「今のは誰だ?」と電話が入ったり、わりと反響があるそう。

 ところで、どんな人がリスナーなの?と聞くと、「おもに地元の人じゃないかなぁ」とNaomiさん。反響は?と聞くと「いいんじゃないかなぁ」と。それにしても会話は日本語。時々、Billが私たちの会話を英語に訳したりもする。「日本人が聞いているの?」と聞くと、「ちょっとは聞いているかもね。でもほとんどは日本語の分からない人だよ」という。それでも、日本の番組だから、日本語が混じった方がいいらしい。「リスナーの状況についてはそんなにちゃんとは把握してないのよ〜」とがははと笑うNaomiさん。こういうゆるゆるっとした感覚でDJをやっているのも、南の島にはよく似合う。


ちょっとしたトラブルがあると、技術のDeanが飛んできてくれる

 ちょうど居合わせたエンジニアで、KKCRの運営スタッフの一人でもあるDeanに聞くと、一番人気があるのは、やはりハワイアンをかける番組。そういえば、私も旅人としてこの島を訪れていた頃に、よくこのKKCRのハワイアン番組を、ドライブ中の車中で聞いていたのを思い出した。ちなみにこのDeanも「Back to the Garden」という番組を持っているDJでもある。

 さて、NaomiさんとBillはなかなか忙しい日常を送っている人であると書いたけれど、少しここでお二人のことを紹介したい。Billはつい最近「THE KAUAI」という新聞を発行しはじめたばかり。月一回の発行で、今は2号目が店頭に並んでいるところだ。現在はその取材や記事の執筆、編集作業に全エネルギーを傾けているといったところ。Naomiさんは、畑作業をして、毎週火曜日と水曜日のファーマーズ・マーケットにお店を出して、ハーブやサラダ・ミックスを売っている。余談ではあるけれど、このNaomiさんのサラダ・ミッスクがすごく美味しい。コンドミニアム滞在でカウアイを訪れる機会には、火曜日のWailua Park(ワイルア・パーク)か水曜日のKapaa(カパア)で開催されているファーマーズ・マーケットでぜひ購入してお試しあれ。そしてBillの発行している「THE KAUAI」もあちらこちらのお店で$1で売られているので、手に取ってみてあげてください。イベント情報から、ちょっと辛口の政治のお話までが、Billの視点で綴られている。


キャンプ? いえいえ、屋外にあるスタッフのミーティング・ルームです

 そしてカウアイに来る機会にはぜひ、KKCRにラジオの周波数を合わせて、ロコが流すハワイアンや、ちょっと時差のあるJ-POPを楽しんでみてほしい。せっかく旅で出るのだったら、やはりドライブ中に聴くのはローカル放送がいいに決まっている。また、前回書いたように、インターネットでも楽しめるので(On Timeのみ。日本では月曜日の朝10時頃)オススメです。ハワイの島から発信される風を、お楽しみあれ。ちなみにインターネット放送では、各DJの放送風景も画像で楽しめるそうです。

KKCR-FM
90.9 & 91.9 MH
Website : www.kkcr.org


お問い合わせ 個人情報保護方針・免責事項
Copyright (C) 2002-2003 PACIFIC RESORTS.INC., All rights reserved.